手術から1年が過ぎました

昨年の2月末に手術を受けてから1年が過ぎました。

乳がん術後1年目の検査ということで、CT、マンモグラフィ、エコー、採血検査を受け、いずれも異常なしという結果が出てほっとしました。

タモキシフェンとリュープリンは続けています。

この1年長女の高校受験などもありましたが、うまくいき、こちらもほっとしています。

わたしは脇の下に手術の傷があるのですが、これが最初皮膚壊死してしまい、再度縫い直しをしています。

その際、かなり傷が引き連れてしまいました。腕がまっすぐ上がりません。

形成外科の先生のご判断で、脇の下に背中の皮膚を移植する手術を来月受けることになりました。

思いがけない手術でちょっとがっかりですが、ゆっくり休んで気分転換するつもりで1週間入院してきます。