できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

高校受験で公立トップ校を目指すには小学校から塾が必要?

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

うちの中3娘は高校受験で地元の公立トップ校をいま目指しています。

スポンサーリンク

中学校からの通塾で、受験勉強には間に合っている

小学校の間は塾なしで、中1から地元の大手進学塾(集団塾)に入れました。

小学校の間の成績は良かったので、中学では独自問題を作成する公立トップ校を視野に入れた受験勉強をしてほしかったからです。

中学校の勉強だけでは公立トップ校の受験は難しいと言われており、中3のはじめまでに3年間の学習を終えて入試演習をするタイプの集団塾に入れました。

小学校の間は、教科書ワークと英検の勉強を自宅でさせていました。

小学校の間に英検4級までをとらせていました。

まだ高校受験の結果はでていませんが、娘の様子をみるかぎり、中学校からの通塾で、受験勉強には間に合っていると感じます。

なので、下の小5娘も同じようにしてやるつもりです。

最近は高校受験を視野に入れた小学校からの塾のクラスのチラシをよく見るようになりました。

中学受験をしないのに小学生から塾に通わせるご家庭もよく耳にします。

早くから塾通いだと、中だるみが心配です。

うちの中3娘もこの3年間の通塾で中だるみの時期がありました。

小学校から塾に通うとなるとさらに長期間塾に通うことになるので、モチベーションの維持が大変になるかなと思います。

小学生にはまだ高校受験はピンとこないでしょうし…。

通信教育と塾で迷うこともある

しかし、家庭学習の習慣をしっかりつけたい、塾に通うことに慣れてほしいということであれば、早くからの塾通いもよい点があると思います。

家庭で意識づけの会話が大事になってくると思います。

通信教育と塾で迷うこともあると思います。

自宅学習の習慣がついているなら、通信教育を小学校の間、もしくは中学入学後も活用することで、塾の代わりにできる人もいると思います。

親がある程度管理してあげたほうが良いことが多いでしょうが、通塾の負担や経済的な負担を考えると、選択肢としてよいと思います。

ただ、自分ですすめられなくて、教材をためてしまうようなことになったら、もしくは成績が上がらない、下がるなどの問題があったら、集団塾や個別塾、家庭教師などへのシフトも早めに考えたほうが良いと思います。

いずれにしても塾や通信教育にまかせきりにしないで、親がある程度かかわり管理してあげることで、学習効果を確認しながら勉強させることができると思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 高校受験