できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

中学生とスケジュール手帳

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

うちの中3娘は中2のころから、ウィークリーのバーチカル型のスケジュール手帳を使わせています。

スポンサーリンク

小学校のころは1日6時間の時間割を書けるように印刷してある連絡帳

小学校のころは1日6時間の時間割を書けるように印刷してある連絡帳を使わせていましたが、中学に入ってからは普通のメモ帳をつかっていたようでした。それで、ふと、日付が印刷してある大人のビジネス用のスケジュール手帳のほうが見やすく書けるのではないかと思い立って、すすめてみたのです。

学校の予定を書く連絡帳として、自分の学習計画のメモとして、使っているようで、気に入ってくれています。

一度使ったらよかったようで、翌年もねだってきたので、毎年3月に店頭で気に入ったデザインのを選ばせています。

まだ不慣れなので、充分使いこなせているとも思えませんが、今は自分なりに重宝して使いつつ使い方を身に着けてくれればいいと思っています。

わたし自身の手帳はマンスリーのシンプルなスケジュールだけ書き込むものですが、娘は毎日の宿題やら連絡事項やらを書き込むので、ウィークリータイプがちょうどよいようです。

子どもには手帳の使い方の基本は手書きで身に着けてほしいな

↑こんな本もあるようで、中高生に手帳を上手に使わせるというのはずいぶん注目されているみたいですね。

自ら考えて行動できる人になるために、手帳の活用というのはとても有効のようです。

学校でも手帳の使い方を指導しているところがでてきたといいます。使っているうちにだんだん時間の使い方がうまくなっていくようです。

まずはなんでも書き込んでいくことが大事ですね。だんだん自分なりの書き方が身についていきます。

スマホやケータイ、パソコンやタブレットなどで、スケジュール管理をする人も今どきは多いのじゃないかと思いますが、子どもには手帳の使い方の基本は手書きで身に着けてほしいなとなんとなく思っています。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 育児