できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

中学受験か高校受験かで迷うとき

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

子どもさんが小学校に上がると、中学受験か高校受験かで迷うことがあると思います。

スポンサーリンク

小3、小4くらいになると中学受験を意識する

小1からきっちり家庭学習させたり、学習教室など通わせて基礎から大事に勉強させている親御さんは、小3、小4くらいになると中学受験を意識すると思います。うちもそうでした。

ただ、地元に魅力的な公立高校などがあったりすると、中学受験か高校受験かで迷うのだと思います。こういう迷いというのはつきものなのかもしれません。

迷いつつ、無駄にはならないから念のためと中学受験も視野に入れた塾に通わせはじめると、だんだん受験が前提の生活になっていきますから、やめられなくなってきます。

そして、迷いながら中学受験につきすすんでいくと、モチベーションを保つのが親も子も苦しくなってきます。一方では高校受験に惹かれつつ、形だけは中学受験の生活をしているわけですから…。学年がすすむにつれ、いろんなことを犠牲にして勉強しなくてはいけませんし。

そして途中でやめるのも大変です。それまでかけたお金や時間、周囲の目などが重荷になってくると思います。

なので、中学受験を意識するような塾に入れる前に、中学受験か高校受験をはっきり決めておくのがあとあと楽だと思います。

そして、決めたらあとは必ずそのままつきすすむ、途中でやめないというほうが楽だと思うのです。

中学受験も高校受験もそうと決めてそれを貫くというのもなかなか大変

ただ、うちは中学受験はしないときめていたのに、高学年になって子供が急にその気になって、バタバタと中学受験にシフトするというパターンもあります。

また、どうしても中学受験の勉強が合わなくて勉強を続けられず断念という話もよく聞きます。よく子どものタイプを見極めるのが大事です。

なので、中学受験も高校受験もそうと決めてそれを貫くというのもなかなか大変なことなのだと思います。

特に中学受験は親が最後まで受験をさせるという強い意志が必要だと思います。

うちも国公立の中学受験を考えましたが、滑り止めの私学に行かせてやれない経済状況だったので、小4のころには中学受験は断念しました。

その後は高校受験を意識して、家庭学習をきちんとさせ、英語や習い事をがんばるという生活をさせました。

正直内心は中学受験をさせてやれるご家庭がうらやましく、なんども中学受験させてやれないか心の中で反芻して考える日々でしたが、無理でした。なので、歯を食いしばって、高校受験に気持ちをシフトさせました。

うちは中学から塾に入れ、中3の今、レベルの高い高校を志望できる程度に実力が付いたので、高校受験に向いているタイプだったのだとやっといま安堵しています。高校受験の結果はどうなるかわかりませんが、中学受験させなかった後悔はしなくてすみました。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 育児