できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

女の子に高学歴は必要か

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

わたしの亡き父は女に教育は要らないというのが基本的な考えでした。

しかし、わたしが比較的勉強ができるほうだったので、一応応援して大学までは出してくれました。

スポンサーリンク

いろんな意味でよい刺激を受ける

そのことは感謝しています。

うちの中3娘は私の子供のころ以上に勉強ができるため、うれしくもあり、心配もしています。

いまはうちの子よりも勉強ができない子たちの中からも、将来きっとすごく稼いだり、長く仕事を続けたりして、きっとうらやましくなるお子さんが出てくるだろうと覚悟しています。

子どもにもそういうことを話して、今の時点で天狗にならないように気を付けています。

わたしの亡き両親はわたしが「ほかの子供よりも優秀である」ということをアピールすることを好んだので、勉強はもちろん、いつも級長をやれとか、賞状をとれとかいわれて、わたしもいい気になってできる子アピールをあたりかまわずにやっており、いま思うといやな子だったと思います。

幸いわたしが子どものころよりもうちの子は、はるかに謙虚な子供で、よかったと思っています。

女の子に高学歴が必要かというと、就職だけ考えると必ずしも高学歴にこだわらなくてもいいかなとわたしは思います。

資格などを身に着けることでできる仕事もたくさんあるからです。

本人なりに試行錯誤して、将来をつかみとってもらいたい

ただ、レベルの高い高校、大学、就職先に行くと、レベルの高い人とお付き合いをするようになるので、いろんな意味でよい刺激を受けると思います。人間関係の層が違ってくると思います。

また、結婚する可能性も考えると、いろんな意味でレベルの高い人と知り合える可能性があるほうが、メリットがあるだろうとも思います。

その点で、女の子であっても、できるだけ高学歴を身に着けることは有利になるとわたしは考えます。

そのうえで、結婚しても、子どもを産んでも、細く長く続けられる仕事を自分なりに見つけてほしいと母としては願っています。

娘は文系タイプで、ぼんやりと「国語を大学で勉強したい。でも先生にはなりたくない。司書に興味がある」などといっているので、就職先がなさそうで非常に心配ですが、本人なりに試行錯誤して、将来をつかみとってもらいたいと思います。

職業ガイドなどの本もいくつか読ませていますが、いまはまだピンと来ないようです。でも、考えてはいると思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 育児