できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

高校入試、模試の合格判定をどうとらえるか

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

中3娘の高校受験もあと3カ月半で本番を迎えます。ドキドキです。

スポンサーリンク

地域の出版社や予備校、大手塾などの模擬試験の偏差値や合格判定

うちの子もそうですが、高校入試のために多くの受験生が、地域の出版社や予備校、大手塾などの模擬試験の偏差値や合格判定を志望校決定の参考にしていると思います。

公立高校に2度チャンスがある地域などは、第一希望にやや高めのレベルの高校を設定されるケースが多いのではないでしょうか。

ただ、公立高校に1度しかチャンスがない、私立に行かせるのは難しいという場合は、実力に対して余裕を持った判定の合格確実な高校を志望されることが多いのかなと思います。このへんはご家庭の考えやご事情によって違ってくると思います。

一つの模試だけを参考にするよりは、複数の種類の模試を受けてその違いを確認しておいたほうが安心です。ただ、過去の実績から、一番自分のしりたいデータを出してくれる模試というのはおのずとわかると思うので、それを優先して判断します。

うちの場合は塾の模試を一番参考にしていますが、ほかの予備校の模試も参考までに受験させています。

うちの子の中学では12月末に受験する高校を決定し、それは変更できない、ということになっています。

なので、実質11月、12月の模試が受験する高校の最終決定にかかわってきます。

本当にこの判定を信じてよいのかという不安も

いままでの模試のペースで偏差値や合格判定を維持できればよいのですが、11月、12月で崩れてくると、志望校をガラっと変更する必要が出てきます。

なんとかがんばりぬいてほしいものです。

うちの娘はいまのところ、第1志望校で80%以上という合格判定が割と安定して出ているのですが、志望校の過去問(赤本)をやってみるとまだ半分も点数が取れないのだそうで、本当にこの判定を信じてよいのかという不安も正直あります。試験当日まで実力は伸び続けるというのを信じるしかないようです。

ちなみに、娘の志望校の場合は、公立ですが独自問題を出す高校で、試験の半分点がとれれば合格する可能性が高いのだそうで、あともう少しといったところのようです。塾でしっかり演習問題をやらせてもらっています。うまくいくといいのですが。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 高校受験