できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

育児をする専業主婦を認めてくれる夫

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

わたしは今、専業主婦です。もともと家事が苦手です。

スポンサーリンク

子どもを育てながら仕事と家事育児を両立できず

わたしは以前は会社員、フリーライターとして働いていた時期もあったのですが、子どもを育てながら仕事と家事育児を両立できず、だんだん仕事をしなくなり、主婦になったという経緯があります。

家事、片付けが極端に苦手です。さらに1つのことに集中しすぎるという傾向があります。

私が働くと、夫や子供にしわよせが行き過ぎるのです…。

仕事と育児に息詰まる過程で、精神科にかかり、発達障害とわかり、自分に合う薬に出会うまでさらに数年かかったということがありました。その間に実両親が病気になり、介護の手伝いをしたりもしました。

1年前にやっと、自分に合う薬に出会い、なんとか最低限の家事がまわるようになってきました。仕事も考えたいと思い始めたところで、乳がんになりました。

手術や放射線治療も終わり、いまは補助治療としての投薬治療や、定期健診だけになりました。

それでも再発や転移などのおそれがあります。高い抗がん剤をする必要が出てくるかもしれません。

いまはわたしは夫の扶養家族で、夫の健康保険を使えることが医療費で大きなメリットになっています。

私が扶養を外れて国民健康保険に入ると、医療費の自己負担が倍増するのです。

ちょっとだけですが親から譲り受けた貸家からの家賃収入もあるので、すこし働くとすぐに扶養枠を超えてしまいます。いわゆる働き負けしてしまうのです。

夫は「子どもをちゃんとそだてているやん」といってくれた

働けない自分、働きたくない自分、いろいろ理由付けをしながら自分が怠けているような気がして、ずっと自分を責めてきました。

今日、ふとテレビをみながら「こういうずっと仕事をがんばっている女性をみると、へこむんだよね、わたしってなにしてるんだろうと思う」と夫にいうと、夫は「子どもをちゃんとそだてているやん」といってくれました。

そのひとことで、救われた気がしました。

夫はわたしがただ怠けているとは思っていなかったんですね。子育てを評価してくれていたんです。

こんなに家事ができてないのに…。ちっとも稼いでいないのに…。悪いなあと改めて思いました。そして感謝もしました。ありがたいことです。

夫は稼いでくれていますが、教育費にいろいろ使っていることもあって、生活としてはギリギリです。

稼いでない自分としては生き生き働くママさんたちをまぶしくうらやましく感じます。また、焦りもあります。

でも、いまはじたばたしないで、自分のできることをしようと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 健康