できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

送迎ができるかできないかで、子どもに習わせるものが違ってくる

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

家に車があると何かと便利です。

スポンサーリンク

送迎格差とでもいうような状況がうまれてきている

通勤やレジャーもそうですが、普段の買い物や、子供の習い事、通塾、スポ小などの送迎にも自家用車を利用されている方は多いと思います。

今に限らず、子どもが不幸な犯罪や事故に巻き込まれる可能性というのはいつもつきまといますし、防犯意識も昔よりは高まっているので、車や自転車での送迎をがんばっている親御さんが多いのじゃないかと思います。

そうなってくると、送迎格差とでもいうような状況がうまれてきている気がします。車を所持して運転できるか、仕事などの都合で送迎の時間に間に合うか、などの問題です。下に小さい子がいて送迎が難しいというケースもあるでしょう。

送迎ができるかできないかで、子どもに習わせるものが違ってくるという現実があると思います。

まれに、厚かましく、近所の車や自転車送迎をしている家庭に便乗して同じ習い事をはじめ、自分の子も送迎してもらおうとする親もいるようですが、そういう場合は、安全面からもお断りをされるのがいいと思います。ご一緒にどうぞなんていってしまったらあてにされてしまうので、気を付けたほうが良いと思います。

多くのご家庭は、もちろん他人に頼らず、自分の家庭で都合がつく範囲で、習い事、通塾、スポ小などを選んでいることが多いと思います。

そして、それが正しいのだと思います。

車での送迎ができない場合もあきらめずにいろいろと調べて試してみる

幸い、塾に関していえば、通信教育のほか、インターネット塾、タブレット学習などでもよいものが出てきていますし、家庭教師を頼む、などの方法もあります。また、平日は塾に行かないでおいて、土日のみ授業がある塾を利用するなどの方法もあります。また、塾によっては、スクールバスをだしているところもあります。

習い事も、ピアノなどは自宅に先生に出張していただいておしえてもらう方法もあります。土日にレッスンをとるという方法もあるでしょう。スイミングなどはスクールバスをだしているところもあります。

スポーツ少年団は親の負担も多い場合もありますが、クラブチームだと、習い事感覚で参加できるところもあります。こどもが自分で通えるようになってから参加を許すという形にすれば、送迎の負担があまりなくて活動できる可能性があります。

家庭の事情に合わせて選択できる時代になっているともいえるので、車での送迎ができない場合もあきらめずにいろいろと調べて試してみるのがいいとおもいます。

ただ、車での送迎ができると子どもの活動の幅も広がるのは事実です。時間を有効活用もできます。ペーパードライバーで運転が怖いなどの場合は、思い切って、教習所でペーパードライバー講習を受ける値打ちはあります。10年20年ペーパーでも、運転ができるようになる人はいるので、チャレンジしてみるのはいいことだと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 育児