できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

私立特進コース専願は我が子に向いているのだろうか

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

うちには高校受験を控えた中3娘がいます。

スポンサーリンク

内申や、模試の成績が下がるなどした場合、志望校を考え直す

模試では、第1志望の公立高校をねらえる偏差値を割と安定して出しているので、いまのところそのまま受験する予定です。内申点も今のところ問題ありません。

ただ、内申や、模試の成績が下がるなどした場合、志望校を考え直す可能性も出てきます。

偏差値を下げた公立高校に志望を変える、ということも考えますが、レベルの高い私学を専願で受けるということも考えられます。

私立高校はいくつかレベルの違うコースがあって、それぞれ専願で受験すると併願よりも低い合格点で合格できるというメリットがある学校があります。手厚い指導をアピールしている学校も多く魅力があります。特待生になれる可能性も高くなります。

そういうメリットを生かすことも考えることができるなあとおもったりします。

ただ、入学後のことを考えるとまた心配になります。

というのが、そういう専願で受験し入学する子というのは併願の子にくらべて人数的にごく少数であることが多いのです。

専願でも特待で受かるほどならまだしも、併願で合格している子のほうがもちろん学力が高いことがほとんどですから、レベルの高いコースに合格したのはいいものの、専願で受かった子はついていくのが大変、になる可能性が予想されます。

子どもの成績が下がったとしても、私立の専願は考えず

また、私学の特進コースは面倒見が良い反面、勉強時間の拘束が長く、部活動なども実質制限されることもしばしばあります。合わない場合、途中でコースを変わることができればいいですが、コースについていけず、コース変更もできない学校だと、中退することにもなりかねません。

なので、いまのところは、子どもの成績が下がったとしても、私立の専願は考えずに、公立のランクを下げて私学の併願校のレベルもそれにあわせて考え直すということにしようとわたしのなかでは考えています。

もちろん子どもの希望が第一なので、これは子どもの成績が下がった時に相談しようと思います。

いまは、今の成績をキープしてくれて、予定の学校を受けることができればいいなあとそれだけ祈っています。

私立の特待は、しっかり指導してくれて課題も多く出すタイプのところは、中学で提出物に苦労したようなタイプは向かないことがあるといいます。のびのび高校時代を過ごしたいタイプは慎重に判断して受験する必要があると思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 高校受験