できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

中学受験、私立中に入学後、他の高校を受けてほしい場合

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

中学受験を経て私立中学に入学された場合、もちろん、よかったと思っている方が多いと思います。

スポンサーリンク

本当の学習習慣がいまひとつついていない場合

恵まれた環境でそのままレベルの高い教育を受け、よい大学へつながっているケースも多いと思います。それが一番望ましい形ですね。

問題は、中学受験後、私立中学に入学したあと、燃え尽きなのか、学習意欲を失ってしまうケースがあることだと思います。

地頭が良く、表面的な受験勉強だけで中学受験を乗り切り、本当の学習習慣がいまひとつついていない場合などもあります。

一見、偏差値があまり高くない私立中でも、学習内容はレベルが高いことが多いです。勉強嫌いな子、努力できない子は中学に入ってからが厳しいと思います。

学力が上がらないままだと、中高一貫校でも高校に上がれない、他の高校への進学をすすめられる、などのケースがあります。

無理をして学費を出しているケースだとなおさら親も子も私立中学そしてその先の高校に通い続けることが苦しくなってしまいます。

そういうケースは実は案外あることなのではないかと思っています。

わたしは通信制高校のサポート校(通信制高校専門の塾)で講師のアルバイトをしたことがありますが、そこで、学業や人間関係の不振で私立中学を中退し、公立中学への転校がプライドの高さからできずに、中卒の学歴すらないお子さんを高卒まで指導したことがあります。その子はまったく基礎学力がついていませんでした。

そこまで厳しい条件でなくても、親も子も私立中に通わせる苦しさから、他の公立や私立の高校に入ってほしいという気持ちになる親子は少なくないようです。

たいへんもったいないことなので、まずはそういうミスマッチが起きないように、中学受験時点でよく学校と子供の相性、そして親の経済環境の条件がととのっているかは見極めるのが大事だと思います。

高校を卒業するということも実はとても大変で大事なこと

入学後ミスマッチに気づいた場合は、外部入試に対応した私立中学でない場合には、できれば公立中に転校させ、それがむりならせめて塾にいれて、高校受験の準備を早くからさせるのが大事だと思います。

中学受験をしたプライドもありますから、子どもは意識の切り替えが案外難しいものです。

切り替えがどうしてもできない場合は、親も腹をくくって高校まではその私学で通学させ、卒業後の進路としてより子どもの実力にあったところを選ばせるということになると思います。

大学や専門学校に入れるかどうかも大事ですが、高校を卒業するということも実はとても大変で大事なことだと思います。

なので、中高一貫の学校を選ぶときは、お子さんとの相性を慎重に見極めるのが大事ですね。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 育児