できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

朱に交われば赤くなる…子どもの環境は大事

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

朱に交われば赤くなるという言葉があります。

スポンサーリンク

社会人としてレベルの高い志を持てるようになるのはいいこと

大学に行くことなどあまり考えていなかった子が高校でたまたま進学校に行って、大学を目指すようになるなどはよい例だと思います。

周囲がそういう雰囲気だと自分もその気になるのです。

勘違いして高望みしすぎて苦しくなってしまうようなことには注意しなくてはいけませんが、社会人としてレベルの高い志を持てるようになるのはいいことです。

レベルの高い級友に囲まれれば、自然と将来の伴侶として望ましい異性についても学ぶことが多いでしょうし、自分を守り慎重に行動することも身につけると思います。

高校、大学は、偏差値や学校の面倒見だけではなくて、そういう友人も含めた人間環境をよくみて選ぶのがよいと思います。

また、いろんな意味でよい環境のととのった高校を選ぶためには、小学校中学校である程度の学力をつけておくのは非常に大事なことだと思います。

親子で話ができる環境をつくっておくのが大事

勉強、学歴がすべてだとはさすがにわたしも思いませんが、それでも、よい環境に身を置くという意味では、人生に非常に大きな影響を与えるのは事実だと思っています。なので、ある程度の学歴は子供には身に着けさせたいです。

高校生でアルバイトをする人も多いようですが、どうしても経済的に家庭に事情があるとか就職に有利になるというなどの理由がない限り、高校生はアルバイトをするよりは学業優先が基本だと思います。

周囲の意識が低いとそれに流されてしまうことがあります。学力が低く、意識の低い人間関係に囲まれてしまうと、学校を卒業することが難しくなることも珍しくないのです。

そうなってしまってからでは、親の話もきかなくなることが想像できます。

高校の受験勉強の合間は家庭でゆっくり過ごさせるようにして、親子で話ができる環境をつくっておくのが大事だと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 高校受験