できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

小学校の通知表で◎がつかない理由

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

わたしは小学校の通知表で二重丸◎や3段階の3、5段階の5をとる方法を細かく知っているわけではありません。

スポンサーリンク

忘れ物をしない

でも、娘二人が良い成績をとってくることと、自分自身が子どものころ成績にむらがあったことから、経験的にわかっていることがあります。

私の考えでは、通知表でよい成績を取る方法は以下の通りです。

・遅刻、欠席をできるだけしない。
・テストではよい点をとる(基本100点。たまに90点をいくつか、程度)
・忘れ物をしない。
・提出物を丁寧に仕上げ、期日通りに提出する。
・授業はまじめに聞き、協力し、積極的に手をあげて参加する。
・掃除や給食、クラブ活動、委員会活動など、学校生活全般に積極的に参加し協力的な行動をする。
・学校のお友達と仲良くする。

以上の条件が満たせていたら、小学校の通知表ではよい成績をとることができるとわたしは思っています。

わたしはテストの点はいつもよかったですが、忘れ物が多かったし、だしぬけに授業中発言するなどがあったため、通知表の成績にむらがありました(わたしは大人になってから発達障害と診断されたので、子どものころは特性が強く出ていたのだろうといまは思います)。

自分がそれで痛い思いをしたので、自分の子供に関してはどうやったら忘れ物をなくせるか、何年もかけて子供によりそい忘れ物をしなくなるまでつきあいました。

小学校の間に習ったことは小学校のうちに頭に入れることを意識する

テストの点が悪くないのに通知表の評価がよくない場合は、忘れ物や提出物、授業態度などで問題があるのかもしれません。生活全般をよく見直すのが大事です。そして、できるようになるまで、親があきらめないで付き合うことが大事です。

テストの点が安定して100点近く取れていない場合は、学習内容のとりこぼしがあることが考えられます。テストごとに間違ったところはよく見直すようにして、小学校の間に習ったことは小学校のうちに頭に入れることを意識するのが大事だと思います。

また、形だけでもテスト勉強をして、小学校の間はできるだけ100点をとることを目指すように習慣づけるとよいと思います。その学習姿勢が中学につながっていくからです。

家庭学習や塾などであれもこれも手を広げると小学生のうちは混乱する可能性もあるので、まずは、授業に集中してテストに出るところ、大事なところをきいてくるようによく教えてあげるのがいいと思います。学校で習ったことしかテストには出ないので。

宿題を丁寧にやって確実に提出させるようにする。テストの復習をする。中学になるとこれがなお一層大事になるので、その基礎訓練を小学校の間にしておきます。それができてから、それ以上の家庭学習や塾をかんがえるのがいいとおもいます。

塾や通信教育を重ねてやらせていて学校のテストがよくないお子さんの例もききますが、オーバーワークなのではないかと思います。

良い成績をとれるようになると、親もうれしいですが、なにより、子どもの自信になります。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 育児