できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

やろうとしていることの足を引っ張る占いは信じない

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

わたしは罪のない占いは楽しむことにしています。

スポンサーリンク

人生に大きな影響を与えるアドバイスや予言などは今は信じない

おみくじやテレビや新聞の星占いくらいなら、おつきあいで子どもと楽しむことがあります。

今日のラッキーカラーは白、とか。今日はしし座が運気がいいとか。そういう程度のものは楽しみます。

占いはこの程度で楽しむほどのものだと思います。

そのほかの占いは、とくに人生に大きな影響を与えるアドバイスや予言などは今は信じないことにしています。

やろうとしていることの足を引っ張るようなことをいう占いは信じません。

子どもにもそういってあります。

若いころは私は手相やそのほかの有名な占術などを信じるタイプでした。本も買いましたし、お金も払いました。

どれも正しいことが書いてあると思いました。

人相や手相はけっこう勉強した覚えがあります。

悩んだとき、迷った時ほど占いにすがりました。当たっていると思ったことも何度もありました。

でも、ちっともいいことはありませんでした。いろいろ行動するのが怖くなっただけです。

むしろ、占いによって行動することを家族が嫌がったりしました。また占いの本を読んでいることを人からバカにされたりもしました。

おおげさにいうと、占いによって人間関係がおかしくなったのです。

わたしの人生ひどくはなりませんでした

また、若いころ路上で1000円払って手相をみてもらったときに最悪の経験をしました。

なにかあなたには悪いことがある、ここではこれ以上のことは言えないといわれ、その占い師の家をたずねました。

そこで、100日その占い師の家に通ってお経をあげることで災難が回避できるといわれ、おかしさに気づきました。

いわれるままそこでは5000円払って逃げるように帰ったのを覚えています。おそろしかったです。

そのあともほんとうは100日通ったほうがいいんじゃないかとおもったりもして、長く苦しみました。

でも行かなくてよかった。だんだんそう思えるようになりました。べつにそのお経のために通わなくても、わたしの人生ひどくはなりませんでした。

そんなこともあって、占いからは心が離れました。

子どもを作る、家を買うなど重大な決断ほど、占いから遠ざかるようにしました。

今、それで特に問題なく暮らせているので、占いから離れてよかったと心から思っています。

夫は子どもの名づけのときにネット上の姓名判断くらいは参考にしたようですが、その程度です。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 家事