できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

小学校で80点以上とれていても中学で安心できない

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

お子さんは小学生時代カラーテストで80点くらいとれていましたか?

スポンサーリンク

8割取れていても基礎が十分とはいえない

8割とれているときくと、基礎力は問題ないのかなという印象を受けますが、あくまで小学校の内容なので、8割取れていても基礎が十分とはいえないことも多いと思います。

8割取れたということは2割とれなかったということ。9割でも、1割は取れていません。

10回テストがあれば、すべて100点の子は1000点とれますが、すべて90点の子は900点、すべて80点の子は800点ということになります。100-200点の差がつくのです。

これが6年分なので、とれなかった1割、2割は積み重ねで中学入学時に大きな学力の差をつくるということを、親がわかっていたほうがいいと思います。

子どもが小学校の間平均80点で安心しているなら、中学からはなにか対策を考えたほうがいいと思います。

小学校の間はあまり勉強しなくても、たいてい100点をとれていた、という子も少なくないのです。そういう子ですら、学習習慣が中学で付けられないと、成績が転落します。中学というのはそういう所です。

うっかりミス、ケアレスミスで、実力よりも下の点を取ってしまう、と思っている子も多いと思いますが、うっかりミス、ケアレスミスも実力のうちです。何か、大切な部分で学び残しや演習不足があるので、ミスが出てしまうのだと思ったほうがいいと思います。小学校でミスに対する甘い考えを捨てないと、中学までひきずると思います。

きちんと点をとらせて自信や学習意欲をもたせてあげたい

小学校で80点90点とれていたから中学でも安心して子供にまかせていたら、勉強の方法がわからずに最初の中間でひどい点をとってしまい、そのまま低迷してしまうというのは、よく聞く話です。

けっこう最初の中間って大事だと思います。やさしい内容のテストになっていることが多いので、きちんと点をとらせて自信や学習意欲をもたせてあげたいですね。

テスト勉強に市販教材や通信教育で親がつきあってあげるなり、勉強の仕方をおしえてくれる塾や家庭教師を利用するなり、できれば、小学校の高学年から中学に向けて対策は考えておいたほうがいいとわたしは思います。

小学校のうちから形だけでもテスト勉強をする習慣をつけておくと、中学での学習もスムーズになるとわたしは思っています。

成績が下がったら塾や通信教育を考えるというのもよく聞くのですが、成績が下がっているときについていける塾は限りがあるし、自分で勉強できない子に通信教育は向かないと思うので、学習習慣がついてないと判断した時点で、考えたほうがいいとわたしは思います。

また、よくいわれる英語ですが、小学校高学年の間に、なんらかの予習はしておいたほうが、中学からの英語学習がスムーズにいくと思います。

小学校の間に何も英語をしていないと、中学で英語につまづき、ほかの科目にも悪影響が出ることがあります。

わたしのおすすめは英検にチャレンジすることです。うちは家庭学習のみで、小学校の間に英検4級までとらせましたが、学習教室、英語塾、通信教育を利用する方法もあると思います。英検の内容は、中学校のよい予習になると思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 育児