できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

小学校で勉強しなくても100点をとれる子、中学ではどうなる?

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

小学校の間、塾も行かず宿題くらいしかやってないのに、いつも100点をとれる子っていますよね。

スポンサーリンク

中学以降は学習量がぐっと増える

授業中に内容をしっかり理解して覚えてしまう、いわゆる地頭(じあたま)のいいタイプなのでしょう。

こういう子ってこのまま中学高校に行くとどうなるんだろうって思いませんか?

わたしの見聞きした範囲では、こういう子はどうなるかというと、問題なく、中高大と順調に通過して社会人になっても問題ないようなケースもあるようですが、多くの場合は、学習習慣がつかないと、中学、高校、大学のどこかの時点でつまづいて、あきらかに実力より下の成績しか取れないとか、場合によっては平均かそれ以下になってしまうこともあるようです。

中学以降は学習量がぐっと増えるので、やはり学習習慣が必要なんですね。

なので、勉強しないでもできる子というのは、コツコツ勉強できる子に追い抜かされてしまう日が来る可能性がかなりあると思っていたほうがよさそうです。

家庭で学習習慣を付けるのが難しければ、もともとの理解力が高いタイプなので、中学からは、通信教育や先取り型の進学塾が向くタイプなんじゃないかと思います。

親が早めに見極めて、そういう選択を提案してあげるとよいでしょうね。

また、英語学習の経験がないようなら、小5、小6からでも、ある程度英語の先取り学習をしておくと中学で楽だと思います。

優秀な子どもさんがはじめての英語で躓くということが案外あるということも親は気に留めておいたほうがいいと思います。

うちの小5の子の場合も、宿題だけでも100点とれることが多いのですが、学習習慣、特にテスト勉強をするという習慣をつけるために、形だけでも必ずテストの前にはテスト勉強をすることにしています。

なので、毎年、担任の先生には「テストの予告をしてください」とお願いしています。

予告をしてくれたときは、教科書やプリントノートをみたり、教科書ワークのテスト範囲の部分をやらせたりして、テスト勉強させています。上の子も同じようにしていました。

また、英語は小学校高学年の間に家庭学習で市販テキストをこなし、小学校の間に上の子は英検4級までとらせておきました。これは中学で英語が得意になりましたので、やっておいてよかったです。

いま中3の上の子はそれで割と学習習慣がついたので、中学でもそのまま塾なしを本人は希望していたのですが、難関入試の公立トップ校を目指してほしかったので、説得して通塾させたということがあります。

5教科はオール5で、進学塾でもトップクラスに在籍して、まあまあ学習習慣は維持できている、という感じです。

共通問題の高校入試をめざすなら、塾はいれなかったかもしれません。

お子さんのタイプや能力を客観的によく見て、合う塾や家庭教師をお願いする

小学校まではよい成績だったのに、中学でがくっと成績が下がり、勉強もしたがらない、というタイプも少なくないと思います。

塾に行かせても、十分塾の環境を生かせず、努力ができないタイプもいます。

やればできるのにと親御さんは思って歯がゆくなることが多いようです。

人の発達には凸凹があるもので、努力できる才能にも差があるとわたしは思います。

また、できているつもりでも思わぬところで学習の躓きがあり、基礎ができていなくて伸び悩むことも少なくありません。

お子さんのタイプや能力を客観的によく見て、合う塾や家庭教師をお願いするのが大事だと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 育児