できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

ピアノの先生を探す方法

   

DSCN0493

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

習い事をはじめるのに適した年齢ってあるのでしょうか。

スポンサーリンク

6歳の6月6日から習い事をはじめるのがよい

6歳の6月6日から習い事をはじめるのがよい、という言葉もきいたことがあります。

ピアノについては、音大に行かせる、音楽でプロを目指す、などの場合はきっと専門の先生について早めに始めたほうが良いのでしょうが、本気で習わせるとグランドピアノも必要になりますし、特別なレッスンや留学、数々のコンクール参加なども必要になってきます。親も本気でお金と時間をかけることを覚悟しないといけません。

そこまでさせるつもりはなくて、あくまで趣味、脳の運動としてピアノをさせるのであれば、ピアノは、いくつから始めてもよい習い事だと思います。

うちの場合は子供は二人とも5歳からピアノを始めさせましたが、遅いとも早いとも思わなかったです。

もっと大きくなってから習い始めると理解力がよくなって、案外進度が早いときいたこともあります。

将来の仕事(小学校や幼稚園、保育園の先生など)にピアノが必要だからと、中高生、大学生から始める例もあるそうですが、それでも大丈夫だと思います。

もっと大人の人、高齢者になってから習う方もいます。

リトミック研究センターのホームページで音楽教室を探す

ピアノの先生を探す方法としては、ご近所の口コミや、ピアノ教室の看板を見かけて、などが多いのじゃないかと思います。

カワイやヤマハの音楽教室を利用するのもいいですね。

インターネット上の育児掲示板などを利用する人もいるかもしれません。

わたしがとった方法は、リトミック研究センターのホームページで、音楽教室を探す、というやり方です。

リトミックも教えられる先生なら、小さい子の指導が上手だろうと思ったからです。

たまたまご近所に、リトミックもピアノも教えている先生が見つかり、そちらにお世話になりました。

実際小さい子に慣れていて、とても指導がお上手でありがたかったです。

個人教室ですが、ヤマハの認定教室でもあり、ヤマハグレードの勉強もさせてくださいました。

グレードは期待していませんでしたが、結果的にはとてもよかったと思います。

お子さんが小さくて通うのが大変な場合などには、先生によっては、少し余計に御月謝を払って、家庭教師でお願いできる場合もあるようです。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 育児