できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

成績が悪くても平気な顔をしている中学生。その理由は…

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

わたしは通信制高校のサポート校で講師のアルバイトをしたり、学生時代に勉強の遅れた子たちの家庭教師をしたりしたことがあります。

スポンサーリンク

勉強をしないことで自分を守っている

成績が悪くてもまったく気にした様子がなく、勉強する気がいつまでも起きない、という中学生のお子さんのことで悩む親御さんはけっこう多いのじゃないかと思います。中1、中2どころか、中3になっても態度が変わらないのは深刻です。

勉強ができないこと、成績が悪いことをそのお子さんがなんとも思っていないのかというと、たぶん、それは違うと思います。

わたしはそういう子どもさんは、勉強をしないことで自分を守っているんじゃないかと思うのです。

勉強をしていないから、自分は勉強ができない、成績が悪いのは当たり前。勉強をしないことを選んでいるのは自分なので、自分が成績を気にしなければ勉強をする必要はない。

そんなふうなことが子どもさんの中で起こっているんじゃないかと思うのです。

本当は内申が足りず、高校進学があぶない、中卒で就職する自信もない、不安だらけだと思います。

でも、勉強にどう踏み出していいか、やろうとするとそれまでしてこなかったものの累積が多すぎてどこから手を付けたらいいかわからず、勉強しないままになってしまっているのじゃないかと思います。思考がフリーズしてしまっているのです。

親や先生がいくらやる気をだせ、勉強しろといっても、響かない。どうしていいのかわからないんじゃないかと思うのです。だから考えるのをやめてしまう。

長くそういう状況だと、自分からやる気を出すのを待っていてもそのあとは厳しいのじゃないかと思います。

本人の問題、と突き放すのもわたしはよくないと思います。

就職を考えると、少なくとも高卒以上の学歴は欲しいところです。中学時代は案外時間がありません。

誰かが本気でよりそって、勉強の道筋をつけてあげるのが必要

なので、まずは誰かが本気でよりそって、勉強の道筋をつけてあげるのが必要だと思います。

勉強の自立ができていない子に通信教育などはハードルが高すぎると思うので、塾や家庭教師、もしくは親が勉強を見てあげることが必要でしょう。

今まで親が勉強を見る習慣がなかったのなら、塾や家庭教師が現実的だと思います。親が手をかけ、お金もかける覚悟が必要なのではないでしょうか。

やったらできるよ、できるようになるまでつきあうよ、と励ます姿勢の先生に出会えるといいですね。塾や家庭教師も先生に何人か会って、お子さんに合う方をよく選ぶ必要があるかもしれません。

お子さんのよいところをみつけてほめるようにするとさらにいいと思います。

とにかくハードルを低くして、鉛筆を持っただけ、机に向かっただけでもほめるくらいでもいいと思います。

勉強を始めたことを、親が喜んでいるのを見せるのも大事です。

まずはスモールステップでちいさなことからはじめて、机に向かう習慣をつけること。机に向かったらほめること。

勉強がつまづいた時点にさかのぼって勉強をやり直すこと。

成功体験をつんでやったらできる、を実感させることが大事だと思います。

一般的な受験勉強にとらわれずに、入れる高校に合わせて基礎的な学力をしっかりつけることに照準をあわせるのも大事です。

学校や塾の宿題を親や先生が手伝ってあげることも必要と思います。下駄をはかせてでも期日に間に合う経験をさせるほうが大事だとわたしは考えますし、内申にも即効性があります。

高校見学、オープンキャンパス、入試説明会などに連れて行って刺激を与えるのもいいですね。

中学時代底辺の成績だった子が、面倒見の良い高校に入学し、基礎から勉強しなおしてやる気を出し成績が伸びた、などの話もよくききます。

人間、できることは楽しくなるものなのではないかと思います。

困った子は困っている子、助けが必要だと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 育児