できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

高校受験。学校選択と通学時間・通学手段

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

いよいよ中3娘、あと半年を切った高校入試に向けて、実際の受験高校を決めていかねばなりません。

スポンサーリンク

子どもは受験できる学校が多く、返って受験校を絞るのが大変

入試日程。偏差値。受験教科と点数配分(得意な教科を生かせるか。不得意な強化で不利にならないか)。通学時間。通学手段。学費。学校での学習フォロー(塾が必要かどうか)。レベルの違う学科での回し合格があるかどうか。

などをにらんで、比較しながら、高校見学をすすめてきました。

やっと第一志望を固めることができ、いまは滑り止めの悩み中。

うちの子は公立第一志望で、併願の私学をいくつか受けます。公立は実質2回受験のチャンスがあるため、併願の私学をすべて落ちてしまったら、2回目の公立を受けることになると思います。なので、2回目の公立は受けないですむことが目標です、いまのところは。

わたしは田舎の学校だったので、あまり受験校では悩まなかったのですが、いま、わりと都市部に住んでいるため、子どもは受験できる学校が多く、返って受験校を絞るのが大変、という事態が起きています。

第一志望よりも偏差値の高いチャレンジ校にもアタックするので、その前に一つ別の学校を受けておいたほうが良いのではとまた受験校が増える…なんだか振り回されております。

通いにくいところにあり、受けること自体迷う気持ちも

わたしの高校入試(30年前)のころにはなかった高校見学、説明会、ネットの情報、塾の情報などもありがたいものではありますが、耳に入るがゆえに悩んでしまうのでしょうね。

安全圏の学校を選んでいるつもりでも、全員が合格になる保証はもちろんないので、心配でたまらない私です。

いろいろ受けるんだからどこか受かるよ、と本人の子どものほうがよほど落ち着いていて感心させられます。

今、わたしが特に気になるのは、通学時間と通学手段。滑り止めやチャレンジ校として考えている学校は正直やや通いにくいところにあり、受けさせること自体迷う気持ちもあります。交通費もばかになりません。でも、学校の内容が良く、入試日程も都合が良いので、きっと受けることになるだろうなとは思います。通いやすい第一志望に受かってほしいと(まあ親ならだれでも願うのでしょうけど)、祈るばかりです。

体力のない子なので、学校の通いやすさはとても大事だと思います。高校生活を楽しんで充実させるためにも学業の負担の大きい高校生活を乗り切るためにも、通学時間と通学手段はあなどってはいけないなと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 高校受験