できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

通塾か、通信教育か。我が家が塾を選んだ理由

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

子どもが公立中学に入って入学時、もしくは在学中に、塾をどうするか、迷うことがあると思います。

スポンサーリンク

通信教育や、ネット上の塾、学習サービス、アプリも

通信教育や、ネット上の塾、学習サービス、アプリもあります。普通、通塾するよりも安く、内容も塾に負けないものだったりしますよね。

我が家は小学校時代まったく塾や学習教室に通わせなかったので、中学入学時にどうするか悩むことになりました。

通信教育は小1の時に試しましたが、教材の紙面の中に問題や知識以外の欄外の情報が多かったりレイアウトのごちゃつきがあったり、さまざまなサービスや付録を使いこなせないなどがあり、親子してすぐに貯めてしまって、たちまちやめてしまってそれっきりです。

いま思うと、娘は視覚優位なので、一度に目に入る情報が多すぎる、カラフルすぎる、などは勉強に集中できなかったと思います。

それ以降、小学校の間は文理の教科書ワークなどを購入し、テスト前にざっとやる、プラス英検の勉強という程度の家庭学習をさせてきました。

それでも、7-8割は100点をとり、主要教科は5段階評価の5をいただくことが多かったので、小学校での基礎学力はついたと感じていました。

中学受験もさせなかったので、中学時代はがっつり勉強して基礎学力を身に着けてほしいという思いがありました。

難問を出す上位公立高校をねらってほしい気持ちもありました。

大手通信教育の資料も取り寄せてみましたが、学習システムがややこしく感じられたり、テキスト紙面の要素が多すぎることが気になりました。

通信教育の内容は良いものが多いので、うまく使いこなせるお子さんはとてもうらやましいです。

通塾は時間もお金もかかる選択

通信教育はあきらめたので、地域の高校入試に強い地元の大手進学塾(集団塾)に中1からお世話になることになりました。

最初の2年で、中学3年分の学習内容を先取りして勉強させてくれます。テキストも新中学問題集、シリウスなどのレベルの高いものを使用しています。

塾のテキストはほとんどが黒一色刷りで要素もシンプルなので、うちの子供にも集中しやすいと感じました(塾ではじめて話をきいたときに、中3のテキストを見せてもらい、子どもにも合うと実感しました)。

宿題もたくさん出ます。

試験前以外は毎週チェックテストがあり、定期的に模試もあり、偏差値がわかり、実力の把握や高校選びの役に立ちました。

中1で週3、中2で週4、中3で週5の塾通い。3年間で200万近くかかります。我が家にとっては大出費です。学費がかかることでも有名な塾だったので、通塾は時間もお金もかかる選択でした。

もちろん、もっと安く時間の拘束もすくない塾を選択する方法もありました。

でも、先取り学習やチェックテスト、模試のレベルの高さ、スケールの大きさなどを考えると、通える範囲では一番レベルの高い塾に行かせたいと考え、行かせました。

中1、中2のころは、塾に行きたくないと泣いたり、休んでしまったりもあった長女でしたが、中3になって、受験も受け入れ、泣き言をいわなくなりました。車での送迎も負担が大きく、悩みながら通わせましたが、入試まであと半年という今、それなりに学力をつけていることがわかったので、行かせてきてよかったと思います。

高校はどこにご縁があるかわかりませんが、基礎学力がついたことは確かだと思うので、高校、大学で、この力はきっと役立つと信じています。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 育児