できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

高校説明会、第一志望だけ?すべりどめの学校も行く?

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

中3娘、本人なりにがんばっていますが、自信のなさそうな様子も見せています。

スポンサーリンク

深く考えていなかったすべりどめのレベルにもいろいろ可能性がある

入試まであと半年、いままで本命もすべりどめもいろいろ可能性を考えて学校見学をしてきたはずでした。

もう学校見学の段階ではないはずなんですが…。

ですが、入試日程の都合や、深く考えていなかったすべりどめのレベルにもいろいろ可能性があることがだんだん現実味を帯びて見えてきて、急きょ、あと数校の学校説明会に行くことになってしまいました。

第一志望は決まったので、わたしは別に行かなくてもいいのですが…。娘にしてみれば、受ける学校はすべて行く可能性のある学校だというわけで、滑り止めと考えている学校も一度だけでも話はきいておきたいそうです。

その気持ちもわかるので、説明会には一緒に行ってこようと思います。

第一志望を決めるだけで数校見て回っていますので、中1から行きはじめましたから、合同の説明会を合わせると、ほんとにかなりな数の高校の話はきいていると思います。それでも、漏れている部分がありました。

専門学科と普通科が併設されている学校のコース別の違いやすこし地理的に不便なところにあるけれど魅力のある学校のことなどをあまり調べていなかったのです。

第一志望を決めるまでに時間がかかりすぎたのがよくなかったとちょっと思っています。すべりどめのことは親の私がおざなりにしか考えてこなかったからです。

実際に行く可能性があることを考えるとよく見比べて受けたい

しかし、滑り止めレベルの高校というのもたくさん選択肢があって、実際に行く可能性があることを考えると、子どもとしてはよく見比べて学校を受けたい、ということになりました。当然のことではあると思います。

思えばわたし自身の30年前の高校受験は、地方だったこともあって、高校の説明会や見学会なんてないのが当たり前でしたし、行ったこともない学校をいきなり受けるのもあたりまえでした。公立は模試の偏差値で受ける学校を中学の先生がほぼ決めていましたし。

今は子供が少ないのもあって、こういう情報提供が丁寧だなと感じます。

塾も貴重な情報源ですが、塾だけの話だと、滑り止めレベルまでは丁寧なフォローはありません。

やはり自分でうごいて情報をとりにいかないとだめだなと感じています。

子どもに任せておいてはまったく動きませんので(うちの場合はですが)わたしが秘書のように、各校の予定をしらべ、合同説明会にこどもを誘って、予約を入れ、スケジュール帳を埋めているところです。今更ドタバタでお恥ずかしいですが、なりふりかまわないで、子どものために動きます。

もちろん第一志望に受かってほしいですが、一番大事なのはご縁のあった高校で子供が楽しく学校に通えることだと思っているので、受ける学校はすべてよく考えて決めたいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 高校受験