できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

連絡網がラインの時代?メールが主流に

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

小学生と高校生の娘がいますが、それぞれの学校に学級連絡網があります。

スポンサーリンク

一斉下校や不審者情報、学級閉鎖など、大事なお知らせも多い

小学校は普通の電話番号の紙ベースのものと、一斉メールタイプと2通りで、実際問題としてはほとんど電話では運用せず、一斉メールでのお知らせですむことが多いです。

高校は完全にメールタイプのみです。

学校からのお知らせは、急な一斉下校や不審者情報、学級閉鎖など、大事なお知らせも多いのでいつもしっかりチェックします。

いずれも毎年初めに登録、設定して、年度の終わりに自動的に解除されます。

最近では学校や園によっては、連絡網の代わりにラインを使うこともあるとききました。びっくりです。

メールはスマホやケータイの設定によっては連絡網のメールアドレスを迷惑メールとみなして受信できないなどのトラブルもあるので、設定変更の問い合わせが多いらしいのです。メールが不便ということもあるのですね。

ガラケー派のひとがわざわざスマホに買い替えるなどのことも起こっている

全体の連絡網ではなくても、PTAなどの役員の連絡のやり取りにラインを使うことも増えているようです。

なので、そのために、ガラケー派のひとがわざわざスマホに買い替えるなどのことも起こっているときいています。

スマホでもラインを使ってない人もいるでしょうが、ラインを使わざるを得ないことも増えているようです。

考えてみれば少し前までは、メールで連絡を取れない人だっていたので(いまもいるでしょうけど)、電話番号だけの連絡網だったのです。

これだけメールが普及したらメールだけで十分のような気がしますが、チャット形式で打ち合わせができるラインは保護者会活動にはたしかに向いているのかもしれません。

ラインを使いだしてから、なんだかメールだとあらたまった感じがするようになってきました。ラインのほうが気楽にトークできますね。

スマホが相当普及しているということでもあるのでしょう。

いまはこういう保護者への連絡ツールもいろいろ変化の過渡期なのかもしれませんね。

丈夫で長持ちして、キャリアメールも使えるガラケーはまだまだ魅力があると思うので、ガラケーと、データ通信のできるスマホの2台持ちというのが、いまは一番連絡方法が豊富になるやり方なのかもしれません。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 育児