できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

大学の教育資金。奨学金をどうするか

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

大学進学って、国立でも私立でも、それなりにお金がかかります。

スポンサーリンク

計画的な貯蓄などができなくて、今の貯蓄も増えたり減ったり

わたしはお金の管理が苦手です。

夫の収入は高いほうだと思います。

わたしは病気などの理由もあって、専業主婦です。

正直、計画的な貯蓄などができなくて、今の貯蓄も増えたり減ったりを繰り返しています。

娘二人、なんとか地元の私立大に行くくらいはあるかなと思いますが、遠くの学費の高い大学に下宿で、などといったら足りなくなる可能性があります。

奨学金という制度もあるので、やりたい勉強はさせてやりたいと思いますが…。

奨学金って、給付型のものもありますが、原則返済が必要なものが多く、事実上の借金ということになります。

利用する可能性もありますが、できるだけ利用しないで、大学は出してやりたいというのが今の気持ちです。

ただ、利用するときは、返済について、しっかり本人たちに説明して奨学金を借りさせようと思います。

もしくは親が教育ローンを借りようと思います。

そして、親も一緒に返そうと思います。

わたしの治療も間もなくひと段落つくので、わたしの収入を得る方法についても考えているところです。老後の費用も考えないといけないですし。

ある大学職員の方からきいた話ですが、大学を受験させておきながら、お金のことを案外考えてない家庭が少なくないそうです。

なので、子どもが大学に合格してから、振り込むお金がないと大学に相談してくるのだそうです。

せっかく子供は頑張って大学を合格したのに、お金がなくて進学できないのはとてもかわいそうですね…。でもそういうことはあるのだそうです。

高校のうちに奨学金や学費ローンなど相談して準備しておけばお金がなくてもなんとかなるケースも少なくないそうなので、子どもが大学を受けるとなったら、まずはお金をどうするか、親が考える必要があります。

子どもが自由に大学に進学できる世の中に早くなってほしい

場合によっては大学進学をあきらめるなども早めに決断したほうがよい場合もあると思います。

大学に進学してもアルバイトばかりで勉強する暇もないということになってしまっては大変ですし…。

子どもにも心の準備が必要です。

親や子供本人が学費の心配をしなくても、子どもが自由に大学に進学できる世の中に早くなってほしいと思います。

いつかそんな世の中が実現するでしょうか。

実際そういう国もありますし、とてもうらやましいです。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 大学受験