できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

中学の部活選びと高校受験

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

中学生になられたお子さんのいるご家庭では、部活選びが大きな話題になっているかもしれませんね。

スポンサーリンク

お子さんの体力面も考慮して親としてはアドバイスしてあげる

学校によって、部活によって、時間的、体力的な負担は大きく異なります。

お子さんのやる気が一番大切だとは思いますが、お子さんの体力面も考慮して親としてはアドバイスしてあげるのがいいと思います。

なにより、高校受験に割ける時間というのが部活によって違ってきます。

うちの子供は時間的な負担の少ない部活を選びましたが…正直、高校受験を考えると、時間的な負担の大きい部活は親としてはすすめないと、子どもに言いましたし、子どももそれは納得した形です。

やはり後悔のない高校受験をするのが自分にとって一番大事だと、よく納得したので、後悔のない選択ができたと思います。

そして、公立トップ校といわれる高校のひとつに入った今、時間的な負担の大きい部活には自分は入らなくて正解だったといっています。

中3では週5塾にいってましたので、両立はむずかしかったと思います。

もちろん、負担の大きい部活に入っていても公立トップ校に入るお子さんはある程度います。

ただ、わたしの子の在籍した中学の進学実績でみると、負担の大きい部活からは中堅以上の高校に入った方が多い一方で、本当にトップの高校に行ったお子さんは少ないようです。それも事実です。

家族として支えられるかどうかもよく考えて部活は選ぶのがいい

また、長女がいうには、負担の大きい部活は人間関係も大変そうで、それも含めて回避してよかったといっていました。

経済的な負担の大きい部活や、親の車だしや保護者会活動、応援などの負担の大きい部活もあるそうなので、家族として支えられるかどうかもよく考えて部活は選ぶのがいいと思います。

ただ、部活をがんばることで、高校進学につながるケースもあります。本当に好きな道なら、このコースを選んで、部活をしっかりがんばるというのもよい選択だと思います。

高校受験をがんばるのか、部活をがんばるのか。両方がんばるのがもちろんよいのですが、体は一つです。どちらを主軸に置くのかをよく考えて部活選びはするのがいいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 高校受験