できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

中学3年間成績をキープ!毎日の宿題や小テストを大切に

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

今は高1となった長女ですが、中学3年間はおそらく、学校でも塾でも、トップクラスの成績を維持してきました。

スポンサーリンク

完成度を高く勉強していたことで、基礎力がついた

おそらく、というのは、学校では順位がでないからです。主要5教科はすべて5をキープしました。

副教科も体育以外は4か5をとっています。

体育は苦手なんですね。それでも、3か4をとってきました。なので、内申もよかったです。

中学3年間成績を維持できたのは、わたしがみた感じでは、定期テストを大事にしていたのがよかったと思います。

いつも100点をめざしており、実際に何度か100点をとりましたので、完成度を高く勉強していたことで、基礎力がついたと思います。

学校のワークやノート、プリントなど、学校の先生のいうことをよくきいて、必ず出るところをきちんとおさえるようにしていたそうです。

とれる点はとらないともったいないという感覚だったそうです。

塾で毎週行われる小テストも大事にしてきました。

そのつみかさねが、模試でもよい成績につながってきたと思います。

もちろん普段の授業で集中して理解すること、提出物を大事にすることも欠かせません。

中1、中2のときはちょっと塾を嫌がった日もすくなくなかったですが、それでも塾の宿題はきちんとしていました。

1回、1回の勉強をおろそかにしなかったことはえらかったと思います。

中3になってからは、受験を受け入れて勉強も本腰を入れたので、さらに成績が伸びました。

受けたテストの復習をあまり丁寧にしない

中1の最初から塾に入れて、中学での勉強のスタートを先取りから始められたのも娘には向いていたと思います。

最初のテストが肝心だと思ったので、中1の最初のころはテスト勉強も親子でやっていました。

娘が塾の目標に「成績を下げない」と書いていましたが、まさに、下げない努力を続けた3年間だったと思います。

勉強には向き不向きもあるので、今小6の次女が長女ほどの成績をとれるかはまだ未知数ですが、毎日の宿題や小テストの大切さは妹にも教えてやりたいと思います。

すごく良い成績をキープできた長女ですが、欠点もあって、受けたテストの復習をあまり丁寧にしないというのは気になっていました。なんどか注意しましたが結局身に付きませんでした。それをしていたらもっと伸びたんじゃないかと思っています。

高校受験はなんとかなりましたが、高校では、受けたテストをもっと大切にして、きちんと復習し身に着けるようにしていってほしいなと思っています。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 高校受験