できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

中3娘はなぜ4校も高校を受験したのか

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

高校受験がおわってとりあえずほっとした中3娘(今日からは高1娘ですね)ですが、高校受験では公立(前期日程)1校、私立3校の4校を受験しました。4校とも受かりました。

スポンサーリンク

合計7校の受験予定を組んでいた

この4校はいずれも実力相応校からチャレンジ校といった位置づけの偏差値の学校だったので、この4校が不合格だった場合は、公立2校(中期日程)と私立1校のすべりどめも受験する予定でした。なので、合計7校の受験予定を組んでいたことになります。

本人の意志も尊重しつつ、受験校を決めたのは実質親のわたしなのですが、周囲でこんなにたくさんの受験をしている例を見聞きしたことがありません。

なぜ、こんなことになったのだろうと考えると、娘の第1志望の公立高校が、地域の公立トップ校といわれる難関校の一つであったことが原因かなと思います。難関校を受ける子はうちの子のように複数校受験する例が多いらしいのです。

独自問題を出す、公立の進学校。一般的にはここをめざすにはその対策に長けた地元の大手進学塾に早くから通わせて、中学入学直後から入試を意識した生活をしていきます。

3年間、がんばった末に万が一その第1志望が残念だったことを考えると、それにかわるそれなりの偏差値の私学に入ってほしい、入りたいと思うようになります。でも、それなりの偏差値の私学も、確実に受かるかはわからない。なので、日程の許す限り、複数受験したくなる、ということになると思います。塾も難関私学をすすめてきますし、親もその気になります。

高校受験で公立トップ校をめざすということは、こうやってお金のかかることなんだなと、経験してみてよくわかりました。精神的にも消耗しました。

中1の入塾で、公立トップ校へのレールに乗った

2番手3番手の進学校をめざすお友達はもう少しのんびりしていて、塾に入るのも、受験勉強の開始もゆっくりだった方が多かったようですし、滑り止めの私学も、1つか2つしか受けない方がほとんどでした。普通はそれで十分間に合うのです。

なぜ、娘が中1から公立トップ校をめざす塾に通っていたのかと思い起こしてみると、これはわたしと夫という両親の意向で、「公立トップ校に行きたいと思ったときに実力がついているように」と先回りして塾をすすめたのがきっかけでした。この中1の入塾で、公立トップ校へのレールに乗った気がします。

なので、進学塾に入れるときは、そういう受験パターンも待っている可能性があると心づもりしておくとよいでしょうね。

そして、親がかなり強い意志を持っていないと、塾のアドバイスで難関私学をいくつも受けることになってしまいます。うちも最難関の私学だけはお断りしましたが、それ以外の私学は受けましたので…。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 高校受験