できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

4月1日の離任式をいつも忘れてしまう…

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

桜が咲き始めてきれいですね。全国的に満開のエリアも広がっているようです。

スポンサーリンク

4月1日の小中学校の離任式

春休み、毎年あるのに、4月1日の小中学校の先生方の離任式を親の私がいつも忘れてしまいます。もちろん子どもたちも覚えていません、とほほ。

たまたま空いていれば子どもたちを登校させるのですが、予定を入れてしまっていて登校させられないときもあります。

春休み、案外忙しいのです。発表会や帰省、歯医者に、登校日に、買い物に、宿題に…。

もちろんお世話になった先生の異動の可能性もあるので、できるだけ参加させるのがいいとは思っています。

今年は、中3娘の卒業式の日に「離任式に学校に来たら卒業式の集合写真をあげるよ」と先生にいっていただけたので、覚えていることができ、無事、離任式に出席させてやることができました。

4月1日からは中学生ではないので、私服で中学校にいってもいいんだそうです。ちょっとお姉さんの気分も味わえますね。

着ていく服がないとちょっと心配でしたが、ジーンズの普段着に、お出かけ用のショルダーバッグをさげるとそれなりにおねえさんにみえたので、いいことにしました。

子どもが母校を訪ねても知らない先生ばかり

4月1日には新聞にも先生方の異動情報が掲載されます。夫や子供たちが見知った先生の異動がないか、毎年チェックしています。

公立の学校の先生は異動があるから大変だなあと思いますが、異動があるから教育現場の風通しもよくなるのかなともおもいます。ただ、子どもが母校を訪ねても知らない先生ばかりになってしまっているので、ちょっと寂しい面もあります。

異動のない私学の先生はずっと同じ学校におつとめになったりするので、生徒にとっては、見知った先生がずっと母校にいてくださるというのはメリットだなとも思います。

出会いと別れの季節、先生というお仕事は毎年本当に大変だと思いますが、感動も多いお仕事なのだろうと思います。

新学期、娘たちがまたよい先生に巡り合えますように。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 育児