できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

夫の両親、自分の両親を立てるということ

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

この春休みに、夫の実家に、夫抜きで帰省する予定があります。

スポンサーリンク

孫に会えずにさびしがっている義父母に親孝行

長女の高校受験のため、お正月に帰省できなかったので、孫に会えずにさびしがっている義父母に親孝行するためです。

息子の夫は仕事で忙しいので、わたしと子どもたちだけで帰省します。新幹線で2時間ちょっとの距離です。

夫の親を立てて大切にする妻を夫は大切にすると思いますし、妻の両親も大切にすると思います。うちの夫も不器用ですが、わたしや、わたしの両親には敬意をはらってくれていると感じます。だから、夫の両親を大切にしたいと思います。

わたしが両方の親を立ててちょくちょく顔をみせて、大切にしているということが子どもにもよい影響を与えていると思います。

うちの夫の両親はいろいろなお祝い事のお金をつつんでくださいますが、わたしも母の日、父の日や節目ごとのおいわいごとにはお金をつつむなどしてきました。結果的にはしていただくほうが多い感じになっています。わたしも子どもたちもかわいがってくださっているとおもいます。

数十年前の子供服やおもちゃもいただいたことがあります。正直いただくものはいらないものが多いくらいですが、もらうことが親孝行だとわりきってうけとっています。

夫の親を大事にするということは夫を大事にするということ

わたしの死んだ両親は正直ケチなところもありましたが、帰省するたびに滞在費としてお金をつつんでわたしていたら、だんだん態度がかわりました。お金はいいよといってくれて、お金を出してくれることが増えました。

最後はよい関係で終われてよかったとおもっています。

夫の親を大事にするということは夫を大事にするということだとわたしは思っています。夫婦仲にも影響するので、夫の実家に顔を出すメリットは大きいとわたしは思います。

夫の両親は普段二人暮らしで、通院の必要な義父は少し離れたところに住む夫の弟の世話になることが多いようです。

盆正月に息子家族が帰省するというのが、義父母の自慢にもなっているようなので、ほかに親孝行も思いつかないし、年2回の帰省だけはできるだけするようにしています。父の日母の日のプレゼントもよろこんでくれています。父の日と母の日は現金や商品券1万円とちょっとしたお菓子を送ることが多いです。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 家事