できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

高校では塾がいらないって本当?

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

娘は公立1校と私立3校、合わせて4校の高校を受験し、すべて合格しました。

スポンサーリンク

学校の指導が手厚いので、塾などは不要?

いずれも進学校といわれる高校でした。高校の説明会などで異口同音にうかがったのは、「学校の指導が手厚いので、塾などは不要」ということば。

はじめての子供でもあり、高校の説明をすっかり信用していたのですが、ネット上でいろいろ検索してみると、それぞれの学校で、案外、塾や予備校を利用している人は多いようでした。

私立は面倒見がいいと一般的には耳にするのですが、娘が合格した進学校の私立では、塾予備校に通っていない人のほうが少ないというネット上の情報を見ました。

娘が進学する公立高校でも、高校の先生は塾不要といわれるのですが、旧帝大系に合格する人の多くは、塾予備校を利用しているらしいのです。

塾も学校もということで、どっちつかずになって、実力がつかないのが一番心配ではあるのですが…。

娘は中学から通っていた塾に高校部があり、中学時代の成績から高校1年間は特待生に選んでいただけたので、テキスト代程度で授業料無しで塾に通えます。なので、高校でも塾に通うことにしました。

学校の課題だけで大変ときいているので、塾と両立できるか心配ですが、やってみないとわからないということで、せっかくの機会ですし、塾に行かせることにしました。両立できないようなら塾のほうはやめさせるつもりです。

特待をはずされる成績になったときほど、塾が必要になるのかも

全額特待生といっても1年間だけなので、1年後に全額特待生のままなのか、半額特待生になるのか、特待をはずされるのか、さっぱりわかりません。

特待をはずされても塾に通うとなると、月に3万5000円ほどの授業料が必要になり、我が家のお財布にはなかなかキツイものがあります。下の子もいますし。

でも、特待をはずされる成績になったときほど、塾が必要になるのかもとも思います。

簡単に特待を維持できるとも思えません。

大学受験始まる前からなかなか出費を覚悟しないといけないようです。

大学を受けるとなったら、娘もやりたい勉強ができる大学にこだわりがでてくるでしょうし、下宿の必要な遠くの大学なども希望するかもしれません。

もっとお金がかかることまちがいなしですね。

娘二人に思ったような教育を受けさせてやろうと思うと、なかなかお金がかかりそうです。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 高校生活