できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

高校受験過去問との相性ってあるのだろうか

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

中3娘、2か月後の入試に向け、まずまずがんばっていると思います。

スポンサーリンク

過去問との相性のよしあしというのもあるのかも

模試の結果や内申にも余裕があり、それだけみると、第1志望校も安全圏なのですが…。

あまり必死な感じはしませんが…そういう個性なのでしょう。

塾の入試問題演習の合間に、ちまちまと過去問を進めている感じで、第1志望と第2志望の過去問がひとまわりおわるところです。

一緒にスケジュールを立ててやって、私が声をかける形にしてすすめています(そうじゃないとなかなか進まないので)。

第一志望校の過去問、第1周めはあまり点がとれなかったようです。目標点にとどきません。

第2志望校もできにムラがあるようです。

過去問との相性のよしあしというのもあるのかもと思います。

問題を作っている先生と気が合わない…というような表現をするので、とほほな感じです。

解いた解答用紙は塾にもっていって、添削指導をしてもらっているので、子どもは落ち着いて進めていると思います。

問題傾向に慣れて、当日きちんと点が取れることを祈るのみです。

もともと国語と英語ができる子だったのに、きがつくと、数学理科社会で点数をかせぐようになってきました。

苦手科目がのびてきたのはありがたいですが、得意教科の伸び悩みは気にかかります。

ここまできたら塾を信じて問題演習を積み重ねるしかないのかもしれません。

どんなに模試や内申がよくても、当日の入試でできなければほんとうにどうしようもありません。

逆に、模試や内申がいまひとつでも、当日の得点で挽回する例というのもききます。

なので、過去問との相性や、過去問に慣れるコトというのはほんとうに大事なんだろうと思います。

いまさら志望校を変更する選択肢はないのですが、とても心配しています。子どもには言いませんが。

親は皆そういうものなのかもしれません。どーんとしているフリだけでもしないといけませんね。

高校受験本番、最後まであとすこし、しっかり応援したい

塾で志望校別特訓を冬休みから1月にかけてやってくれるので、それを信じるしかないなと思います。

予想問題をしっかりやってくれるそうなので、当たるといいなと思います。

迷いましたが、中3娘だけインフルエンザワクチンも打つことにしました。健康管理と、塾の送迎、お弁当作りくらいしかしてやれません。

高校受験本番、最後まであとすこし、しっかり応援したいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 高校受験