できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

高校入試対策のためにまず志望高校の合格体験談を読むべき

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

さまざまな塾などで公表されている高校入試の合格体験談をネット上でもたくさん読むことができます。

いろんな勉強法や取り組みのヒントがちらばっている

ちょっと後悔しているのは、中3の初めなど、もっと早くにそれに気づくべきだったということです。

早くに読んでおけばよかったと思います。

学習意欲が高まるのはもちろんですが、いろんな勉強法や取り組みのヒントがちらばっていることがとても大きい意味があると思います。

一番どきっとしたのは、娘の志望校の合格者が、赤本(過去問)を5周やるのを目標にがんばったという記述でした。

うちの子は秋からやっととりかかって、1周おわったところなので、5周は到底無理です。2周か3周ならなんとか…という感じです。

もっと早くから取り掛からせていればと後悔してしまいました。

夏休み前から赤本をやるようにはいっていたのですが、塾や学校の宿題に追われ、習い事もやめないで継続していたので、子どもは自分ですすめることができなかったのです。10月の終わりに、一緒にスケジュールをひいてやり、やっとすすめられるようになりました。もっと早くに介入していればと後悔しています。

まあでも遅まきながらも、赤本のわからなかったところは塾で指導を受けているので、進んでいるのはよしとしようと思います。

生徒の相談コーナーなどがある場合も、受験勉強の仕方など質問できるチャンス

高校の説明会などで、生徒の相談コーナーなどがある場合も、受験勉強の仕方など質問できるチャンスなので、早めに積極的に利用するのがいいと思います。

わたしも在校生と話してみて、過去問とそれに類する問題をいかに大事にして勉強していたかというのを教えてもらったので、よかったです。

塾を積極的に活用するように、というアドバイスもありました。塾からの指示待ちではだめなんですね。その姿勢を学んだ気がします。

そう考えると、うちの娘の受け身的な態度がやや気になります。自分からすすんで自分なりの勉強法を模索するくらいの意欲が欲しいところです。

まあ、いまはそんなこともいってられません。泣いても笑っても入試本番まであと2か月です。

なんとか志望校に合格してほしいと祈るばかりです。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 高校受験