できそ~.COM

関西在住の主婦のブログです。育児、家事、ブログ運営、関西情報などについて書いていきます。

高校受験の情報の集め方

   

写真素材足成から使わせていただきました。

写真素材足成から使わせていただきました。

こんにちは!マトリョーシカ鈴木です。今日はご訪問ありがとうございます。

高校入試の情報の集め方は、みなさんそれぞれ手探りで苦労されていると思います。

ママ友から手広くお手軽に情報を集めている人ってそんなにいないと思います。

スポンサーリンク

高校受験の情報集めは、親ががんばってあげる

自分の受験のころとは時代も違うし、みな、手探りで情報収集されている方がほとんどだと思います。

子どもだけの力では難しいので、高校受験の情報集めは、親ががんばってあげることがまだまだ必要だとわたしは思います。

ほっておくと、中3の後半になってもまだどこも高校を訪問したことがない、などという子もいたりします。子供任せは危険だと思います。

情報収集のお手軽な方法は大手の塾にこどもをいれることです。保護者向けの情報提供も手厚いですし、個別の疑問にもいろいろ答えてくれたり、合同説明会なども案内してくれると思います。ただ、塾だけでは不十分だと思うので、ネットを利用したり、実際に足を運んでみたりも大事だと思います。

大手の塾は入塾しなくても、無料の進学説明会を開いていたりもするので、新聞のチラシやホムペで探してみるといいと思います。

高校の先生のお話をきいて、実際に行ってみる

また、地名プラス「進学相談会」「進学セミナー」「入試相談会」「学校相談会」などで検索すると、無料で参加できる合同説明会に行けたりします。うちも中1のときから利用して、いろいろな高校のお話をききましたよ。最初は何をきいたらいいかもわからないかもしれませんが、何校か話をきいているうちに比較ポイントがみえてきますので、「どんな高校か知りたいので」という漠然とした質問でもいいので個別ブースはまわってみるのがいいと思います。

高校の先生のお話をきいて、実際に行ってみるのが一番お子さんに合う学校選びには大事かなと思います。うちも8校ぐらいは足を運びました。

通学時間や経路も確認できるので、行く可能性のある学校はすべて行ってみるのが大事です。

塾を利用されないなら、地域の出版社や塾の公開模試も利用して定期的に実力チェックをすると、高校選びにも役立つと思います。

・高校卒業後の進路、進学実績
・カリキュラムの進度(高3までの内容を早めに終えて入試演習の時間をとってくれるのか)
・面倒見の良さ(塾は必要?小テストなどこまめに実力チェックをしてくれるのか)
・求められる生徒像(どんな人間に育てようとしているのか)
・中高一貫の場合は高校から入学する生徒への配慮について

などをわたしは重点的に質問しました。

あまりにもすばらしく自立した生徒をめざしている高校では「貴校ではすごく能動的なタイプじゃないと難しいのでしょうか」など、不安もぶつけてみたりしました。「いろんなタイプの子がいますので大丈夫です」というお返事をもらえたりするので、なんでもきいてみるものだなと思いました。

また、中3の秋にいった合同説明会では、模試や通知表の成績を見てもらって、合格の可能性についてきいたりもしてみました。大丈夫だと思いますといっていただけると、確約ではなくても自信につながってよかったです。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。また読んでいただけるようにがんばります。

 - 高校受験